ビジネスは積極的な人が得をする


こんばんは。三浦紘樹です。

昨日から観光がてら京都に来ています。

kyoto1

京都と言えば、

日本の文化財がたくさんあり、
日本の古き良き街並だな〜

なんて思っておりましたが、
最近は、全く違うんですね!!

右も左も外国人、外国人で
観光客でごった返しております。

駅近くのホテルに宿泊しましたが、
レストランはほぼ外国人。

まるで海外に来ているみたいで
妙に、ワクワクが止まりませんでした。

kyoto2

昔、オーストラリアに
8ヶ月くらい留学してたので
こういう雰囲気、超好きなんです。

普通に、京都に住みたくなりました。

思わず、Line@で

「京都に来てます〜〜〜」

なんて投稿したら、
たくさんの方からメッセージいただきました。

私のYoutubeのコミュニティとか、
先日からご紹介していました、

フロントラインマーケティング2015
を私から購入してくれた、

美容師経営の立岡さんという方は、
京都で美容室を経営されているのですが、

Line@のメッセージ返信で、

「京都でしたらぜひ、私の美容室に立ち寄ってください。」

みたいな感じでメッセージしてくれました。

お〜超積極的だな〜

なんて思っておりましたが、

私も、ちょうど明日は、

「用事が15時くらいで終わる」
「髪も伸びてきたタイミング」

だったので、

「OKです〜行きますよ!」

みたいな感じで明日は、
立岡さんの美容室にお邪魔することになりました。

今、立岡さんは、YoutubeやLine@などを使って、
美容室の集客に力を入れております。

髪を切りながら、
その辺りをアドバイスできたらな〜

なんて思っております。

facebookにも

「今、京都にいて、
明日は、美容室にも行きます!」

なんて投稿したら、

小村さんという方が、
(この方もフロントラインマーケティング2015を購入してくれた方)

「明日は何時頃に美容室行かれるんですか?
もし宜しければ、ご一緒させて頂く事って可能ですかσ(^_^;)
是非、三浦さんにお会いしたいと思ってます。」

みたいな感じでメッセージをいただき、

「いやいや、普通に髪を切るだけなのに。。。」

なんて思いつつ、いいですよ〜。
という感じで明日お会いする事になりました。

何が言いたいかというと、

ビジネスにおいて、こういう積極的な感じは重要ということです。

立岡さんにしろ、小村さんにしろ、

私に直接会って、色々
今の悩みなどを聞けるチャンスを
つかみ取ったということになります。

大抵の人は、

断られるかも。。。。

という感じでこんな感じでメッセージをしないと思うんですね。
でも、この場合、実際にお願いしてみて、

断られたら、断られた。

だけであって、たいして失うものなんてありませんよね。

ちょっと勇気を振り絞って、
お願いしてみてこういう結果も得られるということです。

ここで少し勘違いしてほしくないのは、
何でもかんでもお願いすればいいということではありません。

大前提、立岡さんは、

私のコミュニティに属していて、
かつ、超真面目にビジネスに取組んでます。

毎日行動しています。

そういう背景を私も手に取ってわかるので、
一生懸命応援したいという気持ちになります。

たぶん、面識もなく、

「人生に悩んでいるので相談にのってください。」

って感じなら普通に断ってます。。。

これは、例えば、セミナーとか、
勉強会とかの懇親会とかでも当てはまります。

本気でビジネスに取組んでいたら、
たくさんの疑問が生まれてくるんですね。

そういう中で、

こういった場面では、セミナー講師の方や、
自分より稼いでいる方のが圧倒的に情報を持っている中で、

懇親会とかはそういう方の
隣に座った方がいいし、私もずっとそうしてきました!

2次会、3次会があれば、
積極的について行って、

さらに情報を聞き出した方がいいんですね。

「隣に座っていいですか?」

「2次会ご一緒していいですか?」

「3次会ご一緒していいですか?」

なんて積極的に行けば、
大抵、OKしてくれますし、

ダメならダメって言われるんです。

で、ダメって言われても、
それだけじゃないですか。

だから、積極的に行かないと損ですし、

「礼儀」と「節度」さえもって、
積極的に行けば、得られる事のが多いのです。

こういうマインドセットで行けば、
得られるもののが多いので、

そういった場面で、ポロッと
聞き出した情報をきっかけに、

収入がガガガ、、、とアップすることもたくさんあります。

ぜひ、こういう部分も参考にしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。


Youtube攻略セミナー></a></center> </div>
		</div>                            
                            <!-- ▽ソーシャルボタン -->
                            <div id=