セミナー講師セミナー></a></center> </div>
		</div>
                    <!-- ▽投稿 -->
                                            <article id=

仲間っていいですね!


こんばんは。三浦紘樹です。
昨日は、私も講師をつとめる起業家アカデミーの勉強会でした。

全国から60名が名古屋に集結しました。
月収100万プレイヤーが8名、月収30万プレイヤーが16名参加という超レベルの高い勉強会です。

20140518072302

先月新たに30万円を達成した方の発表や講師によるリサーチ実演等、
本当に内容の濃い勉強会になっています。

20140518072812

フリータイムでは、自分の課題をクリアする為、
講師や既に成果を上げている先輩に質問をしまくるという感じで

みんなが積極的に自分の持ちかえりたい情報を聞き出しています。

こういう時間でいかに遠慮せずに、
自分のほしい情報を引き出すかも非常に重要なスキルになってきます。

最後に集合写真です。(顔出しOKの方のみ)
gateway

勉強会後は、もちろん懇親会があります。
最近では、なんと、懇親会の2次会なども開催され、

15:00~18:00 勉強会
18:30~20:30 懇親会
20:30~    懇親会の2次会

という感じで仲間と一緒にビジネス談話をしております。

懇親会はこんな雰囲気です。
1238139_708044392592370_2966835980111340147_n
こちらは起業家アカデミーの講師陣です。

 

こんな感じでビジネス談話が盛り上がっています。
10246421_524286121016927_1665242881051971452_n

10382652_524286174350255_6998228242455675757_n

みんなめっちゃ笑顔です。

そして、懇親会の2次会です。
10363126_708044419259034_1478732411384691158_n

自分が講師をつとめる立場で言うのもなんなのですが、
本当にいい雰囲気なんです。

この写真に写っているメンバーは、

・月の利益が60万くらい成果を上げている方
・先月30万を達成し、今月は50万ペースの方
・先月スタートで初月から7万くらいの利益の方
・まだ、はじめたばかりの方
・現状、うまく行っていない方

それぞれいるわけですが、
先輩(成果が上がっている人)が後輩(まだ成果の上がっていない人)に
どうしたらもっと利益があがるのか、うまく行くのか、
自分は過去どういうやり方でうまくいったのかをシェアしています。

稼ぐためには、本当に仲間の存在が必要だと思います。
色々な情報をシェアできる仲間やお互いに高め合ったり、刺激し合える切磋琢磨できる仲間。

そいう仲間がいることで、つらい時やうまくいかなかった時にも
諦めず活動を継続することもできてきます。

彼ががんばっているから自分も負けじとがんばろう!
そう思える仲間の存在は大切です。

また、そういう仲間がいるからこそ、成果が上がった時は、
喜びも共有でき、本当にうれしさも倍以上になります。

私自身、副業時代、うまくいかなかった時期もすごく長いですが、
なぜ今まで続けられてきたかというと一緒に頑張ってきた仲間の存在が大きいです。

こうやって励まし合える仲間がいたからです。

私も以前、1人で副業をしていた時、だれにも相談する相手がいませんでした。
当然、副業なので会社の同僚の方には話せないし、友達に話したところで

ネットビジネス!?怪しいからやめておきなよ。

とか。そんなコメントが正直多かったです。
けど、ここにいる仲間とかは違います。

がんばって成果を上げよう!
稼いで、自分の思い通りの人生を送ろう!

そんな風に、希望に満ち溢れて、モチベーションも超高い集団です。
こういう仲間に囲まれることって本当に大切です。

やっぱり人間って本当に弱い生き物です。
疲れていたら休みたいし、うまくいかなければすぐにギブアップもしたくなります。。。

じゃあ、なんでそれでもがんばれるかって
やっぱり一緒にがんばる仲間がいくるからではないでしょうか。

私は、稼ぐために必要なものは3つあると思っています。
この3つがあれば、必ず稼ぐことはできるでしょう。

・学ぶ環境

・切磋琢磨できる仲間

・継続的な活動

これからがんばって稼ごうと頑張っているあたなは、
3つのうち、いくつ持っていますか??

本日はここまで~


セミナー講師セミナー></a></center> </div>
		</div>                            
                            <!-- ▽ソーシャルボタン -->
                            <div id=