大企業の女性にフラれた話を暴露しました!!


先日、名古屋で行いました5万円セミナー、、、

なんと今回の参加者は、7人でしたが
全員女性でした(^_^;)

(^_^;)の絵文字を使ったのは、
決して女性が嫌だとかそういうのではなく、

いつものセミナーの雰囲気と全く違うので、
正直、緊張しました。ドキドキ

僕は、女性も稼ぐ力を身につけるべきだと思います。

特に、インターネットビジネスは、
女性にとっては最高のスタイルだと思います。

例えば、結婚して、子供ができて、
家から出られない状況でも、ネットビジネスなら

自宅にいながら、バイトや給料以上に稼ぐ事が
十分可能です!!

現に、私のビジネス仲間である女性は、
子供2人を育てながら、専業主婦をして、
自宅でネットビジネスで稼いでいます。

月収が90万くらいはあります。

旦那さんの給料より稼いでますね!!

彼女は、多分、今年中にはサクッと
月収100万円の壁は越えるでしょう!!

そんな彼女も1年前は、
ほぼ初心者でした。

たった1年でこの伸び率は
すばらしいとしかいえません。

僕がセミナーで参加者の方にいつもお伝えする
大切なマインドセット、、、

○行動 と ○投資

この2つを兼ね備えていたからこそ
がっつり稼げているのでしょう!!

つい最近も、彼女は、
30万くらいの投資をしてました。

どんだけ、どん欲なのかと関心します。

私もそうですし、彼女もそうですが、
ビジネスを進めて行くと、

どんどん楽しくなってくるんですよ。

お金にどん欲になるというより、
自己成長にどん欲になる感じです!!

セミナー後、懇親会でも参加者の女性に
ゲストの鈴木英広さんと話していたことがあります。

それは女性の理想像的な話。

正直、お金が好きな女性には興味ないんですよね
っていう話をしてました。

ちょっと古くさい考えでしたらごめんなさい。

女性としては、子供を育てて行くためにも
経済力がある男性を選ぶのは当然だと思います。

できるだけ、お給料がよく、
なおかつ、安定している!

そんな方が理想ではないでしょうか!?
(金銭的な部分のみ考察)

僕がサラリーマン時代、
地元の中小企業に勤めていました。

給料なんて、大企業の友達と比べると、
本当に涙がでるくらい少なかったです。

ボーナスシーズンになると、
友達が、ボーナスの話で盛り上がっているのに、
その話には入って行けません。

あまりに自分が情けなくなってしまうので、、、。

やっぱり大企業にお勤めの方には、勝てない!!

これが結論でした。

そんな中、よりによって出会ってしまうんですよ、、、

恋におちてしまうんですよ〜

大企業の女性と、、、(^_^;)

つき合ったんですが、
やっぱり結婚とかを意識すると急に不安になりました。

自分は中小企業で彼女よりもだいぶ給料が安いという事で。

この事が、きっかけで副業を開始したのですが、、、
実は、、、

結局分かれてしまったんですが、、、

すごく脱線してしまいましたが、
何が言いたいかというと、

今は、独立もできて、
順調に起業家としてスタートできてます。

ただ、端から見れば、
大企業ばりに安定はないでしょう。

でも、僕は、多少上下してたとしても、
ギザギザ上下をしていきながらも、

それを右肩上がりで上げて行きたい!と思ってます。

さらに言うなら、

万が一、今まで作り上げてきた資産が
0になったとしましょう!!

例えば、

ネットショップだったり、
1000万回以上再生されているyoutubeだったり、
アプリだったり、情報コンテンツだったり、、、

今持っているすべてがなくなったとしましょう!!

間違いなく、ピンチですよね。

だだ、それでも残るものが1つあります。
それは、自分です。

今まで、何百万と自己投資して、
いろんな人の教えをうけ、多種多様の有料教材を購入し、

勉強してきた、行動してきた、

そして、自己成長してきた自分が残ると思うんです。

鈴木さんともよく話すのですが、
今、すべてなくなっても

30万くらいなら稼げるよね〜

という話をしてます。
生活水準は全く変わってないので、
30万あれば生活には困りません。

大学時代からいまだに
すき家の牛丼、サラダセット380円は

大好物です(^_^;)

僕も色々な失敗をしてきましたが、
ビジネスの失敗は大きな経験になるんですよ!

だから、この3年間の経験があるから、
今0になってもすぐに生死をさまよう
大ピンチにはならない気がします!!

これが、僕の思う安定ではないでしょうか。

これからも自己成長への
行動と投資は欠かしません!!

今、あなたはすべての仕事を失っても再起できますか??

本日は以上です(^^)


Youtube攻略セミナー></a></center> </div>
		</div>                            
                            <!-- ▽ソーシャルボタン -->
                            <div id=