7か月全く稼げなかった副業サラリーマンのブレーク


こんばんは。三浦紘樹です。
昨日は、小玉歩さん主催のNBGCの報告会に参加しました。

報告会では、

・圧倒的な成果を上げた人

・最新ノウハウで成果を上げて人

が小玉さん選考のもと10名が選ばれ、最新ノウハウなどを発表します。

先月も、ネットビジネスオールジャンルのノウハウが公開されました。

実際に、甲斐さんの

【悪用厳禁】高額商品を3週間で売りまくって
月収555万円を稼いだメルマガマーケティング手法

を先日、早速試してみました。

ビビるくらいの反応率で駆け込み需要が半端なかったです。
甲斐さん、ありがとうございます。

また、川原さんの

パート主婦が1日1時間の作業で
資産型ブログを構築し、1つのブログで
月収40万円を稼いでいる事例

これは、私の新たな収入の柱として挑戦したいと感じました。

それ以外にも合計10の最新ノウハウがたった3,980円で学べる
フロントライマーケティングの販売が残り2日を切りました。

必ずチェックすることを強くおすすめします。
フロントラインマーケティングはこちら

さて、先月も激熱の報告会でしたが、
今月の報告会もかなりのやばさでした!!

実は、今回、私がサポートしているチーム三浦から1名選出がありました。

NBGCの参加者は月収1000万オーバーの方や、
月収500万オーバー、月収100万オーバーの方がゴロゴロいる

おそらく、業界最高峰の参加者のレベルでしょう。

チーム三浦から選出された長尾さんは、
今月の着地見込みが、30万円くらいの方です。

本人は、小玉さんから選出された際に、

『なぜ、自分が選出されたのか!?』

と疑問に思ったそうです。

金額も他の方と比べて大したことがない。
最新ノウハウが自分にあるのかわからない。

そう思ったと思います。

しかし、長尾さんが選ばれた理由は、私にははっきりわかります。

『ブレイクポイント』です。

実は、長尾さんは、今年の1月からAmazon輸出で副業をスタートしました。
1月から7月まで、利益が5万円いかないくらいでした。

が、、、

NBGCに入って2か月目の8月は30万円ペースです。
実に6倍の利益見込みです。

今月、そのブレイクポイントを迎えたのです。

なぜ、7か月以上も全く稼げなかった副業サラリーマンの長尾さんが
ブレークポイントを迎え、6倍以上のペースで稼ぐことができたのか。

このテーマは、まだ稼げていないネットビジネス初心者の方にとっては、
とてつもなく参考になるテーマではないでしょうか。

100万稼いだ手法など、初心者の方にとっては、
若干雲の上のノウハウだったりしますが、

最近までずっと5万円くらいの利益の人が、
一気にブレイクした秘訣は何なのか、かなり知りたい内容だと思いました。

選べれた直後、本人は放心状態でした。無理もありません。
先月の発表、全員すごかったですし、数値も大きかったですから。

でも、私は、長尾さんは全然、自信をもって発表をすべきと色々アドバイスさせていただきました。
そして、当日の発表では、長尾さんは、素晴らしく堂々と発表しました。

20140818115545

発表後の休憩では、参加者の多くから質問攻めになるほどの人気ぶり。

今回の発表で、私が長尾さんにアドバイスしたのは2つです。

ストーリーと上級者を意識しないこと。

ストーリーは人をひきつけたり、共感させるのに非常に重要な要素です。
ネットショップなど、商品のストーリーを織り交ぜるとかなり成約率はあがります。

発表にもストーリーを入れることを提案しました。

そして、上級者を意識しないことです。

長尾さんのレベルは月収30万円レベル。
上を見たらきりがないし、上の人を意識していたら何も話すことができなくなる。

しかし、まだ30万円も稼げていない人はたくさんいるわけで、
そういった参加者の方に役立つ発表をしようということをアドバイスしました。

繰り返しになりますが、素晴らしい発表でした。
本当にお疲れ様でした。

今回の発表で大きく成長をできたのではないでしょうか。

報告会後の懇親会では、本日の主役の長尾さんが乾杯の音頭で、
20140818115626

1次会、2次会、、、、とビジネス談話は朝まで続きました。
また、モチベーションが一気に上がり、来月は私も発表できるように活動していきます!

20140818115037

最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

三浦紘樹公式メルマガ登録はこちら

Youtube攻略メルマガはこちら

↑↑↑Youtubeのチャンネル登録もお願いします。


Youtube攻略セミナー></a></center> </div>
		</div>                            
                            <!-- ▽ソーシャルボタン -->
                            <div id=