前回の講座では、師匠の>>過去の販売歴をチェック<<して商品選定の仕方を伝授いたしました。

他にも、モデリング方法はあります。

今度は、出品商品一覧をクリックします。
image10

【人気順】をクリックしてこのバイヤーの出品商品の人気をリサーチします。
image11

人気順に並べると、師匠が出品している商品のどの商品が人気か一目瞭然になります。

この並び替えは、必ずしも過去売れている商品とは限りません。

しかし、アクセスが高い商品だったり、ほしいもの登録されている商品だったりトータル的な人気順に並び変わります。

いわば、師匠の売れる確率が高いリストになるわけです。

この商品を一気にリサーチするのも一つの手です。

さて、この様に、しっかりモデリングできる師匠はお気に入り登録をしておきましょう!フォルダー名は【バイマ師匠一覧】としておくといいと思います。

この様に、定期的に師匠の動向をチェックしてどんどん常にモデリングしていきましょう!

ここで、一つ問題点があります。

じゃあ、逆の立場で自分はライバルのバイヤーにモデリングされないように注意しなければいけません。

画像加工をして、仕入先を分からないようにして、タイトルも工夫しなければいけません。その辺りは別の講座で解説していきます!

師匠を探す重要性は分かっていただけたと思います。

例えば、月に5万利益を上げている師匠を5人探して徹底的にモデリングすれば  “5×5=25万”の利益も見込めるということになります。

さらに、師匠の数をどんどん増やしていけば利益も上がってきます。

▼次の講座の内容へ進む▼
>>師匠の探し方<<



▼前回の記事はこちら▼
>>師匠を探す<<

次に私がすることは、このBのバイヤーが過去1~2ヶ月の間に売れた商品をリサーチします。

私の考えでは、1度売れた商品は2度売れる。

です。その商品が日本中探して1人しかほしいなんて考えられません。
ということは、もう一度売れるということです。

バイマは、価格差さえあれば、出品した者勝ちです。どんどん出品して下さい。

仮に売れなくても、バイマはリスク0なので、可能性があるモノはすべて出品してOKです。

さて、今度は先ほどのバイヤーがモデリングできそうなので詳しく見ていきたいと思います。
image4

まず、日本在住ということで、師匠としてはOKです。

次に、まだ初めて1年もたっていないので少し先輩バイヤーという感じです。

さらに、過去25件の取引もあります。

この25件の中を徹底的にリサーチします。

【バイヤーの評価をもっと見る】をクリック。

【販売履歴】をクリックするとこちらの画面になります。
image5

さきほどと同様に画像検索などでリサーチしていきます。

ここで注意点が一つあります。
基本レポートで、リサーチ方法として画像検索・Google shopping Google検索の基本3パターンを伝授しました。

もし、この3つを試してなかなかヒットしない場合は、次の商品、次のバイヤーに移行してください。

そこで深追いをすると時間の無駄になります。
売れる商品は星の数ほどありますので次、次、次という勢いでOKです。

一番上のJimmy Chooのトートバックはリサーチしましたがすぐに出てきませんでした。私は、さっさと諦めて、次の商品をリサーチしました。

image6

この商品は実際に売れた商品です。
一度売れた商品ですから、もう一度売れる可能性もあります。

リサーチします。画像加工がないので画像検索で簡単に仕入先が割り出せそうです。
image7

仕入先が見つかりました!!

一目瞭然で利益が出るのが分かります。
出品することに決めます。

どんどん、見ていきましょう!!次の販売履歴です。
image8

画像検索して、仕入先をリサーチします。

発見しました。↓
image9

$98なので、これも利益は十分確保できます。
出品することに決めます。

この様に、徹底的にモデリング先の商品をリサーチしていきます。

▼次の講座の内容へ進む▼
>>売れそうな商品をモデリング<<