リサーチの場合は、師匠を徹底的にモデリングしましょうという話はさせていただきました。モデリングできる師匠はとことんしていきましょう!!

一方で、出品の際は、自分が師匠になってモデリングされないようにしましょう!重複にもなりますが、大切なのでおさらいします。

画像は加工する

商品画像は加工してください。
複数の写真を合わせて加工するのが効果的です。

画像数が少なくなったとしても、1枚目、2枚目とすべて画像加工の写真を使うことをおススメします。

1枚目の写真は画像検索できなくても、2枚目、3枚目で画像検索から仕入れ先がわかるバイヤーはたくさんいます。

必ず、画像は加工してください。

タイトル、商品説明に商品名の英語を使用しない。

リサーチ編の逆だと考えて下さい。
タイトル、商品説明で英語を使用してしまうと、その英語を検索すればすぐに仕入先サイトが見つかってしまいます。

カタカナやハート柄財布のような抽象的な商品名にした方がモデリングできません。

稼いでいるバイヤーはこういうところをきっちりやっています。
お手本バイヤーがいたら注意してどのようなタイトルをつけているのがじっくり見てください。とても参考になることが多いです。

以上に注意して出品作業に取り組んでください!(^^)!

▼次の講座の内容へ進む▼
>>初受注<<



セレブや芸能人が雑誌などで着用した商品の仕入れ先を見つけることができればチャンスです。それだけでアクセスや利益、成約率も上がってきます。

◯◯着用!

とタイトルにのせるだけでなく、
商品画像の1ページ目にも必ずその写真を使いましょう!!

◯◯(芸能人名)+△△△(商品名)
と検索をかければ、画像も色々ヒットしてきます。一度検索してみてください。

例えば、
菜々緒・石原さとみ着用!商品名♪
image22

image23

この様に、菜々緒・石原さとみ着用の写真を1ページ目の写真に使用すればアクセスは必ず集まります。

セレブ愛用や芸能人愛用は積極的に写真を使っていきましょう!

▼次の講座の内容へ進む▼
>>モデリング攻防戦<<