【3年以内に成功する男、消える男】

という本をコンビニで立ち読みしてました。

著者が合コンを500回以上も繰り返して発見した
成功する男とは、どんな男かという内容の本です。

ちらっと読んだ第一章には、
成功する男の共通点に“見栄っ張り”ということが書いてました。

たしかに、私自身、もっと稼ぎたい!って思ったのは
この“見栄”ってところから始まったのかもしれません。

かもというより、確実にそうです^_^;

女性とデートで食事に行けば、
男がおごるってのが当然だと思っているし、

正直、女性とご飯いってお金なんて出させたこと
一度もありませんし。たぶん^_^;

そういった単純な欲、つまり、女の前で“かっこつけたい”ってのが
私のやる気の要因を駆り立てるわけで。

かっこいい服を着るのも、
かっこいい時計つけるのも、
かっこいい車に乗るのにも、
いい食事行くのにも、
いいプレゼントをあげるのも、
ロマンチックな演出をするのにも、

お金がかかるわけで、、

そういった“欲”を“稼ぐ原動力”にするのも
全然いいのではないでしょうか。

稼いで、世の中のために寄付します!

っていうよりも、むしろ、

かっこつけたいという見栄から
始まる方が個人的には普通だと感じます。

見栄をはると、もう逃げ場ありませんから
あとは、マジでやるしかなくなります!!

“デカイこと言って、やらないのは最低。

ハッタリぶっこいて、やっちまえば最強!”

o0800060010678574088

 

引用元 高橋歩 名言



こんにちは。三浦です。(今日はちょっと長文になります。)

さて、私個人の決意表明的な感じです。
お付き合いいただけたらと思います。

私は、

2010年11月06日にfacebookでみうら倶楽部という
ゴルフのコミュニティーを作りました。

自分の大好きなゴルフをしながら、
また、それをお仕事にしたいとも思っておりました。

ゴルフの知識はあっても、
商売の知識は全くありませんでした。

売るモノもなく、売る場所もなく、売り方も知らず、、、

本気で、ホームセンターに行って練習器具を
作ったということもしました。完全に工作レベルです。

当時27歳でした^_^;

資金もない、ノウハウもない、信用もない、、、
数々のメーカーに交渉を重ねましたが全く相手にされませんでした。

当然と言えば、当然ですよね^_^;

2011年04月、そんな中、
代理店の契約を結んでいただけたメーカーに出会いました。

2011年05月、ネットショップをオープンさせることができました。

店長三浦となったわけです^_^;

そうはいったものの、やはり売上は全く上がらず、
せっかく契約していただいたメーカーにも申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

何がいけないんだろ!?何をすればいいのだろう!?

試行錯誤の中、悔しい涙もいっぱい流しました。

色んなことを勉強し、いろんな人に教えを乞い、
できたこと、チャレンジしたけどできなかったこと、数多くの失敗も繰り返してきました。

それでもあきらめずに続けてきた2012年、ようやく一筋の転機を迎え、
ショップの売り上げが好転する機会に恵まれました。

上手くいかなかった時と売上があがるようになった時、
気持ちの違いはなんだったのだろうか!?

自分なりに分析してみると
やはり、売りたい、売りたいという願望のみでやっていた、うまくいかなかった時と、

お客さんに満足してもらおう、

商売でやっている以上、
ただであげることはできない、利益はとらないといけない、

しかし、

ただ、単純な利益を追い続けるのではなく、

できれば、

『買ってくれてありがとうございます!』
『いやいや、こちらこそ売ってくれてありがとう!』

そういうやり取りができるようなショップを作りたいと
思い始めたのがが2012年だったのかな!?と思います。

今、会社も設立することができ、
一つの収入源を構築することができました。

今後、私“個人”がやっていくテーマは
私のした経験をもっと多くの人に経験してもらいたい。

少しずつ、みなさんのビジネスのお役に立てる情報発信ができればと思っています。

その中で、今まで、ゴルフというお付き合いをしていた方には
ちょっと過激な表現等あると思います。

ですが、1つ誤解して頂きたくない事は、
私は、ゴルフをお金儲けの道具として使った気持ちはこれっぽっちもありません。

今まで一回たりともです。

ただ、ビジネスマンということであれば、
利益を確保することが仕事であり、その気持ちはあります。

今後、私がやれたことをみなさんのお仕事のお役にたてることもある
と思い少しずつシェアしていきたい方向です。

不快な気持ちを与えることも多少あるかもしれませんが
その辺はご理解ご了承のほどよろしくお願いします。

また、万が一、不快に思ってしまった点は
全然コメントください。

ひとつひとつの否定も勉強だと思い、受け止めさせていただきます。

『 共に勉強し 共に経験し 共に成長する。』

このテーマを自分の軸として、行動して行けるようにがんばります。