セミナー講師セミナー></a></center> </div>
		</div>
                    <!-- ▽ウィジェットエリア:トップ メインカラム上(1ページ目のみ) -->
                                        
                    <!-- ▽投稿 -->
                                                                                                        <article class=


ネットショップの売上を上げる為の考え方についてシェアしたいと思います。

ネットショップを運営していると、集客、集客と皆さん集客に力を入れているようですが、 集客は2の次でいいと思います。

集客の前に大切なこと、、、それは“成約率”です。

この“成約率”、つまり売れるページができていないと、いくら集客をしても売れません。

ましてや、広告を使っている場合、はっきり言って広告費の無駄遣いになってしまいます。

よくありがちな、ネットショップは、商品画像があって、説明が少々。
わかりやすく言うと、Amazonのようなショップです。

こんなネットショップでは、価格競争の渦に巻き込まれてしまうだけです。

まずは、主力の商品のページを作り込む必要があります。
その後に、集客に力をいれれば、経費の無駄なく、売上を伸ばすことができるでしょう。

売れるショップの店構えが完成した後は、成約率を上げる施策をしてください。オープンしたてのショップにはいきなり多くのアクセスは望めません。

その少ないアクセスでも成約率を上げることにより十分な収益を上げることが可能です。この章では、どのように成約率を上げるのかをお話します。



こんにちは。三浦です。

ビジネスモデルを作る時に意識すべき4原則をご紹介します。
この4原則は、ホリエモンも推奨する原則です。

もし、この4原則に当てはまるビジネスモデルができれば大きく成功すると思います。

1、利益率が高い

2、在庫をできるかぎり持たない

3、月極の定額収入が入る

4、大資本がいらない

例えば、どんなビジネスがあるのでしょうか?

・月額課金のオンラインゲーム
・月額のオンライン学習塾
・人気のサイト運営

などなどでしょうか。

オンラインゲームやオンライン学習塾ではシステムさえ構築すれば、
後は、会員数を増やせば、月額で安定した収入を得ることができます。

もちろん、在庫なんてないし、利益率も高いです。

スピードラーニングなどもいい例でしょうか。

人気のサイト運営ができれば、広告収入がアクセス数に比例して増えてきます。
まさに、この4原則にピッタリ当てはまっています。

全て当てはめるのは、難しいことですが、
なるべくこれに近づける努力は必要です。

私の場合、ネットショップも運営していますが、
通常のネットショップの利益率は、楽天ショップなどでは、

価格競争、手数料等で

1割以下の利益率のショップなども多いのではないでしょうか!?

薄利多売に疲れ果てているオーナーも多いと思います。

しかし、私のショップは利益率はそれを上回ります。
最終的には、5~6割の利益率を目指して行きたいと思っております。

形は違えど、上記の4原則を意識しているからこそ、
この数字が実現できるネットショップがイメージできます。

その辺りの解説はまた今度します。本日は以上です!