ネットショップ youtube集客


今からのネットショップの成功の鍵は動画です。
動画は、集客・ブランディング・セールスを全て可能にします。

動画を制すものが、ネットショップを制す

と言っても過言ではありません。ここからはyoutubeを使った集客を詳しく説明していきます。

現在、youtubeは世界第2位の検索エンジンであります。
好きなアーティストの曲を知りたいとき、youtubeでその曲名を検索すればその歌が表示され聞くことができますよね。

見逃してしまったTV番組でさえ、検索すれば次の日にはだれかがアップしていたりもします。

晩ごはんの献立に困ってyoutubeで『肉じゃがの作り方』と検索すれば肉じゃがの作り方を動画で教えてくれます。

この様に、検索する人も、動画のコンテンツの方がわかりやすい為、youtubeで検索することが多いです。

動画を使って、あなたのお店にお客様を集客してください。

それでは、youtubeを使うとどんな利点があるのか説明していきたいと思います。

動画自体がSEOの効果抜群

 

お客様は、インターネットでほしいものの情報を知りたいとき、まずその商品名で検索します。

そこで、上位1~2ページにピックアップされている記事を読み、その商品の情報を得たり、買い物したりします。

あなたが扱っている商品ページをお客様が検索した時、上位表示させる必要があります。しかし、上位にSEOで表示させるのは、時間がかかったり、お金がかかったりします。

しかし、youtubeを使うことにより簡単に上位に表示させることが可能です。

こちらの例をご覧ください。

『アルティマイザーV4』という商品名のゴルフクラブの検索結果です。
image22

当然1位は、その商品を作った企業のホームページが一番に来ています。そして2番目に表示されているのは価格.comというサイトでこれも非常に大きな競合です。個人であったり小資本では勝ち目はありません。

しかし、youtubeでそのキーワードを織り込んで動画を作成すれば、上記の図のように1ページ目に検索結果として上がってきます。

あなたの売りたい商品の商品名で検索した時に、まだ誰もyoutubeで動画をアップしていなければ、非常に大きなチャンスと言えます。

もし、youtubeの動画が表示されても、その再生回数が1万回を超えるほど多いものでなければ十分に勝てる見込みはあります。

すぐに動画を作る必要があります。

では、その動画からどのように集客をしているのかを説明していきます。
こちらが、先ほどの『アルティマイザーV4』という商品を検索した時に、表示されていたyoutubeの記事をクリックしたものです。
image23

この商品を使った時の感想を動画にしています。

ここで重要なのは、お客様が動画でこの商品を見て気に入った時に、あなたのお店にすぐに入ってもらえる仕掛けが必要です。

動画画面下の①では、URLでアルティマイザーV4の商品ページへリンクしてあります。これにより、お客様はすぐアルティマイザーV4の商品にたどり着くことができます。

ここで重要なのは、遷移先のリンクはショップTOPではなく、商品ページにすることです。

なぜかというと、ショップのTOPページに飛んで、その商品までたどり着けなければお客様は離脱してしまうからである。

次に、動画画面の②を見てみましょう。

HPやブログなどに動画を埋め込んだ場合、①の動画情報は表示されません。
そこで、動画にお店の名前を表示しておくことにより、動画で興味を持ってくれたお客様はお店を検索をしてくれます。

この様に、動画自体、非常にSEO効果が高いです。
動画から上位表示させ、あなたのショップに誘導する戦略はコストが全くかかりません。しかも効果抜群です。

動画を埋め込んだページのSEOも強くなる

 

グーグルのSEOのルールは頻繁にかわります。
変わるたびに、それに対応してSEOの戦略を練るのには
手間・時間・労力がかかります。

グーグルが上位表示させたいサイト(ページ)の根本を知る必要があります。

グーグルが上位表示させたいサイト(ページ)とは、
読者に対して、“有益な情報を発信しているサイト”です。

“有益な情報を発信しているサイト”=滞在時間

という方程式も成り立ちます。

つまり、読者が長い時間滞在してくれるページは、
それだけ価値の高いサイトだとグーグルが認識して、上位表示してくれます。

では、サイトの滞在時間を長くするにはどうしたらいいでしょうか?

そうです!動画を埋め込み、動画を見ていただくことが一番です。
もちろん、価値の高い動画でなければ、すぐに停止され、離脱してしまいます。

この様に、価値の高い動画をページに埋め込みことで、
滞在時間がながくなり、ページ自体のSEOも強くなります。

 

悩みを解決できる動画を作る

 

あなたが売っている商品は、悩みを解決できる商品ではありませんか?
人は、自分のコンプレックスを解決できるものにお金を支払います。

ダイエットサプリメントなら痩せたいという悩み。

ニキビケア商品なら肌をきれいにしたいという悩み。

トレーニング器具なら、マッチョになりたいという悩み。

商品というのは、別の観点から見れば全て悩みを解決するためのものです。

洋服だって、オシャレをしたいという欲求で買う人もいれば、かっこよくなってどうにかあの子を振り向かせたいという悩みで購入する方もいます。

そういった悩みに着目して動画を作成します。
動画は伝わりやすく、そして検索結果で上位表示されるからです。

では一例を見てみましょう。

Aさんは、カラオケが苦手でした。自分が下手ということは自覚をしていました。
しかし、忘年会や会社のお付き合いなどでカラオケは避けては通れない状況でした。

image24

なんとか、カラオケをうまくなりたいと思っていました。

家に帰るとAさんはyoutubeを開き検索しました。

『カラオケ うまくなる方法』

そこで検索結果として出てきたのが、

するとこのような検索結果が表示されました。

image25

早速一番上の『カラダで覚える簡単ボイストレーニング1』をクリックし動画を見てみました。

image25

約2分半の動画でした。しかし、Aさんのカラオケの悩みはまさに画面の男性と同じ状況だったのです。
Aさんは、この男性と自分を重ね合わせました。つまり共感したのです。

詳細をもっと知りたいAさんは、画面下①のURLをクリックしました。

image27

すると用意されているのは、カラオケ上達のDVDだったわけです。

Aさんがこの商品を買ったかはわかりませんが、

悩み→共感→解決法

というようにステップを踏んできました。かなりの購入意欲の高い状況で商品ページに辿り着いたことになります。

この様に動画は、集客の手段だけでなく、お客様の悩みを通じて購入の階段を一歩一歩上がらせて購入につなげやすくする効果も出てきます。

一度、あなたの商品を購入するお客様がどんな悩みを持っているのかをリサーチしてみてください。

下記のサイトを参考にしてみてください。

知恵袋
image28
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/
 

教えて!goo
image29
http://oshiete.goo.ne.jp/

これらのサイトは、悩みを持ったユーザーが掲示板に書き込みをして他のユーザーがその悩みに答えるサイトです。

つまり悩みの宝庫です。

このサイトであなたのお客様になろうとする方は

どんな悩みを持っているのか?

どんな言葉を使っているのか?

どういう解決法を求めているのか?

などお客様の知りたがっていることをリサーチして下さい。

それを動画コンテンツにしたり、商品ページに織り込むことで飛躍的に成約率は上がってきます。

お役立ち動画コンテンツを配信する

 

先ほどの商品の紹介動画や悩み解決動画以外にも、お役立ち情報の動画をyoutubeから配信することをおススメします。

あなたのショップのジャンルでのお役立ち情報の動画を配信することで、その動画を見た方はあなたのファンになってもらえるからです。そして、ファンになったお客様は最終的にはあなたのお店でお買いものをしたり、あなたがおススメする商品を買ってくれます。

動画の下にあなたのお店のURLを載せ、お店に誘導するだけでなく、ブログやメルマガなどに配信できるメリットがあります。

あなたのメルマガに登録したお客様に対して、商品のセールスのメルマガだけ配信していたらお客様は少々うんざりしてしまいますよね!?

動画を使ってお役立ち情報を配信することによってお客様はあなたのメルマガを楽しみに待ってくれています。

動画の本数や再生回数が増えれば、ショップへのアクセス数が増えるだけでなく新規取引業者を探す際に非常にアピールポイントになります。

私は、現在youtubeでの再生回数が1000万回を超えていますがそれだけのビックメディアを持ち、商品を動画でPRしたいと伝えると新規取引業者の反応は格段に上がります。

下記の図のようにyoutubeを中心に各メディア構築をすると動画の再生回数が増えるだけでなく、各媒体の読者も構築できます。お役立ち動画を作成したらその動画を元にメルマガやfacebook、ブログなどに配信をして下さい。ファン構築の近道になります。

ファンの数が増えれば増えるほどネットショップの売上は右肩上がりになってきます。

無題


Youtube攻略セミナー></a></center> </div>
		</div>                            
                            <!-- ▽ソーシャルボタン -->
                            <div id=