月収19万円から会社経営者への転身

人生に遅すぎることない

2013.10.31


こんにちは!三浦です。

昨日は、大学生のクライアントについて
書かせていただきました。

本当に勢いがあって楽しみな限りです。

>>まだご覧になってない方はこちら<<

じゃあ、早くからスタートしないとだめなのか!?
というと全くそんなことありません。

現に、私のクライアントは、
私より年上の方が多いです。

30代後半、40代、50代と様々な方がいます。

自営業の方、サラリーマンの方、独立を目指している方などなど、、、

実際に一番成果を上げている方は、
45歳男性、3ヶ月前までパソコン、ネットビジネス初心者でした。

しかし、

初月は利益14万円、2ヶ月目は利益36万円
3ヶ月目も順調に成果を上げ、次のステージに駒を進めてます。

この成果は、もちろん簡単に上がったわけではありません。
超がつくほど、“気合い”で取組んでいました。

楽して稼ごう!とか、
効率よく!とか、

すぐそんなことを考えがちですが、
本当にそんなのは夢物語なんですよ!

コツコツ積み重ねていって、
はじめて効率などが生まれてきます。

その辺りは注意してくださいね!

前回、その45歳の方と一緒にお酒を飲む席があったので、
その方と色々お話をしていました。

そうしたら出てくる、出てくる!ネタの宝庫ですよ。
やはり、人生経験がある分、色々な強みがあるんですよね。

色々なビジネスが創造できそうで、
お互いにワクワク、楽しみになりました!!

今は、そのアイディア等はあたためておき、
まずは、基本ステップを着実にこなしていくことを優先しました。

例えば、人生40年とか生きていれば、
その人の強みだったりが必ずあると思います。

本人はそれが当たり前だと思って全く気づいていなくても、
他人から見ればすごいことで、それがビジネスチャンスになることもたくさんあります。

だから、ネットビジネスは、
若い世代の人のモノだという考えは一切不要だと思います。

逆にそう思っている人が多いなら、
取組めば、そこにチャンスも生まれてくるはずです!

ケンタッキー・フライドチキンの創業者である
カーネル・サンダースは、
カーネルサンダース

40才のときに、ガソリンスタンドの一角を借りて、
6席だけでの小さなレストラン「サンダース・カフェ」をオープンしましたが、
65才の時に経営難により店は閉店してしまい、ほとんどの資産を失ってしまいます。

でもここからカーネル・サンダースは、世界初の「フランチャイズビジネス」を生み出し、
今なお、ケンタッキーは世界中の人に愛されています。

そんな、カーネル・サンダースの言葉が
すごく印象的でしたのでシェアしたいと思います。

=======================
いくつになったって、
自分の人生をより価値あるものにするための努力をするべきだ。

何の問題も起こらない人生が、
素晴らしい人生なわけがないのだから。
=======================

常に挑戦することに恐れず、
チャレンジャーでいたい、そして、自己成長していきたい!

そう感じた名言でした。


関連記事

プロフィール

名前: 三浦紘樹 1983年6月26日愛知県生まれ

かつて私は、好きなことを仕事にしたいとい思い、ゴルフ場に勤務し、仕事が終わるとゴルフの練習をする毎日。
クラブチャンピオンというタイトルも獲ることができました。

しかし機械に取って代わられる仕事ということもあり、
給料は年々下がり将来に不安を持っていました。
このまま会社に依存してはいけない、自分で稼がなければ……

最初はヤフオクやアフィリエイトなど取り組みましたが、
やっていてもおもしろくなく、長く続きませんでした。
大好きなゴルフに関わることなら続けることができるかも……
そう思ってゴルフのネットショップやコンテンツ販売などをきっかけに起業しました。

現在は、会社を2社経営しております。
 1つは、趣味でもあったゴルフを事業とし、プロゴルファーをプロデュースしながらゴルフ上達のレッスンDVDを販売したり、ゴルフグッズ販売のネットショップなどを運営しており年商1億円を突破。
 もう1つは、インターネットを使った起業法や副業法などを教えるコンサルタントをしています。指導した延べ人数は500人を超え、多くの方の起業の貢献しています。

アーカイブ