月収19万円から会社経営者への転身

基準を知るということ

2014.05.13


今日、コンサル生の方と朝スカイプをしていました。

基準を知るということが、すごく大切だと思ったのでシェアしたいと思います。

その方は、先月から本格的に副業を開始しました。
まず、最初、彼の口からは、

「全然、だめです。焦ります。。。」

とかなり弱気な発言、マイナス的な発言が多かったです。

冷静に現状把握から入りました。
スタートから今日で約1か月、、、。いくらの利益を上げているのか。
スタートが先月の中旬からで月をまたいでいたため、1か月ベースで整理しました。

4/11~5/13までで、利益7万円。

この数字、普通にすごくないですか!?

4月上旬まで全くの0ベースだった人が、自分の力で
初月から7万円を稼いでいることがまず、すごいことだということをお伝えしました。

5月の目標は利益15万なので、
そこに至るまでの戦略等を練っていったわけなのですが、

彼がイメージしている15万達成の細分化と、
私が今まで色々な方を見てきている成功イメージとかけ離れていました。

基準というのは本当に大切なのですが、
この基準を知らないと結局うまくいかないわけです。

自分一人でビジネスを行っていて、
目標が利益15万円なら、自分のイメージしている

・出品数はこれくらいで達成できるのか?

・1品あたりの利益はこれくらいで大丈夫なのか?

・活動量はいまくらいこなせばよいのか?

・スピードは足りているのか?

こういったところが果たして、目標とマッチしているのかが重要になります。
ここがマッチしていないと目標は達成できません。

なので、今日はこういった基準をしっかりと目標とすりあわせをしました。

結局、こういった基準は自分ひとりでは見出すことができないので、
既にうまくいっている人から基準というものをアドバイスしてもらう必要があります。

これは、私自身にも当てはまります。

昨年の7月くらいから、鈴木英広さんのアドバイスを色々うけながら、
セミナー開催やアカデミー生のサポート、他にも色々なビジネスを進めていっているわけですが、

圧倒的な結果を出している鈴木英広さんと私の基準も当然違ってきます。
私が超ハードにシゴトをしてたつもりでも、それは鈴木英広さんには当然レベルだったりもしました。

しかし、私は、そうやって色々なアドバイスを受けながら、
もっと高い基準を知るわけです。

もちろん、アドバイスを受けても納得いかないこともあります。
えっそれって違うのでは!?と思うことも正直、あります。

けど、最近思ったのが、それこそが“基準の違い”であると。

そういった納得できないところにフォーカスして、
なぜ、その人はそう考え、そう発言し、そう行動するのかを考えていくことが、

基準を上げるうえで大切なことだと感じます。
基準があがれば、当然ですが、収入もあがります。

なので、もし、今あなたに基準を与えてくれる人がいなければ
アドバイスをしてくれる人を探すことをオススメします。

基準が変われば、行動が変わります。
行動が変われば、あなたの結果が変わります。

そう、ふと感じた本日のスカイプミーティングでありました。

本日はここまで~


関連記事

プロフィール

名前: 三浦紘樹 1983年6月26日愛知県生まれ

かつて私は、好きなことを仕事にしたいとい思い、ゴルフ場に勤務し、仕事が終わるとゴルフの練習をする毎日。
クラブチャンピオンというタイトルも獲ることができました。

しかし機械に取って代わられる仕事ということもあり、
給料は年々下がり将来に不安を持っていました。
このまま会社に依存してはいけない、自分で稼がなければ……

最初はヤフオクやアフィリエイトなど取り組みましたが、
やっていてもおもしろくなく、長く続きませんでした。
大好きなゴルフに関わることなら続けることができるかも……
そう思ってゴルフのネットショップやコンテンツ販売などをきっかけに起業しました。

現在は、会社を2社経営しております。
 1つは、趣味でもあったゴルフを事業とし、プロゴルファーをプロデュースしながらゴルフ上達のレッスンDVDを販売したり、ゴルフグッズ販売のネットショップなどを運営しており年商1億円を突破。
 もう1つは、インターネットを使った起業法や副業法などを教えるコンサルタントをしています。指導した延べ人数は500人を超え、多くの方の起業の貢献しています。

アーカイブ