月収100万円のステージから月収300万円へ行くためには | 三浦紘樹 Official Blog

月収100万円のステージから月収300万円へ行くためには

シェアする

こんばんは。三浦紘樹です。

先日は、マスターマインドの勉強会でした。

私のマスターマインドは、現在は、
『1年間』という期間で、

長期的に安定的に、稼ぎ続けられる
ビジネスモデルの構築を目指しています。

即効性、再現性高く、
稼いでいくことも可能ですが、

やはり、生き残り続けている人は、
様々な工夫、検証が必要です。

本当にWEBマーケティングは、
奥が深く、私も日々、オタクレベルで

検証に検証を重ねながら、
ビジネスを構築していっています。

同じことを常にやっていては、
成長は見込めませんし、

同じことをやっていて、
稼ぎ続けられるほど、

この世界は甘くないというのを、
私は起業して6年ですが、
色々な方を見て本当に感じます。

ポッと出が稼いでは、消え、
稼いでは消え、

そういう人を今まで、
腐る程見てきました。

だからこそ、日々、成長、
挑戦をしないといけません。

世の中には、稼ぐのは、

簡単、楽、何もしなくても、○○ツール、、、

色々ありますが、正直、そんなに甘い世界ではないと個人的には思います。

さて、

ちょっと前置きが長くなりましたが、
本日は、WINNERS CLUBのメンバーから

<今、現状の悩み>

・時間が足りない!!
・全部やるマインドでやってたら、寝落ちの日々、、、
・やらないを決めるべきか?

こんな悩みのご相談をいただきましたので、
それに対して、私なりの回答をしたいと思います。

前提条件として、

この方は、会社勤めをしながら、
月収100万円以上をコンスタントに稼いでいます。

次なるステージとして、
年内に300万というステージを狙っています。

だから、当然、やるべきことも増えてきます。
そして、

時間が足らない

ということになってきてしまいます。

結論からいうと、、、

『人を雇う』

ということです。

きっとこれを読んでいる本人も、
人を雇うというとびっくりしているはずです。

何てったって、本人さえも、
独立もしていないですから。

わかりやすくいうと、

人に任せられるところは任せる

ということです。

人を雇うのは、社員とかではなくて大丈夫です。
外注というイメージです。

クラウドワークスなど使うと、
いくらでもいい人材に巡り会えます。

まずは、自分がやっていることを、
どんどん棚卸ししていきます。

紙に日々のタスクや、やるべきことを書き出します。

そして、

○自分がやらないといけないこと

○自分がやらなくてもいいこと

を分けていきます。

自分がやらなくてもいいこと、
できることは、どんどん人にふります。

そうやって、まずは、プチでもいいので、
チームを作っていきます。

これが、時間を作る秘訣です。

そして、自分は戦略にフォーカスできるので、
より売上げなど上がっていきます。

しかし、注意すべきことがあります。

この方法は、ほぼ確実に、

短期的に損をします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自分でやった方が早い、クオリティが高い、思い通りになる。

きっと、最初は間違いなく、
こういう状況になると思います。

しかし、そこで歯を食いしばります。

短期目線ではなく、長期目線で、
辛抱して、仕事を任せていきます。

すると、間違いなく気がつきます。

他の人たちの方が、自分よりも優秀じゃん、丁寧じゃん、早いじゃんということを。

なので、まずは、

短期的に損をすることは考えて、
そこでも人に任せていくスキルを身につけるのが

既に100万円以上稼げてて
時間のない会社員の人こそとってほしい戦略です。

私自身も、

サラリーマン時代から5人くらい
外注スタッフを使ってやったからこそ
レバレッジがきき、収入が上がりました。

ぜひ、挑戦してほしいと思います。

もちろん、最初は勇気がいりますが、
やはり起業家たるもの勇気をもって一歩前へ出るからこそ、

会社員の方では、見られないステージが見えます。
You can do it , Just do it!

追伸…

Youtubeにて『セミナー講師のすすめ』を動画配信しています。
すぐに見れますので気になる動画をぜひチェックしてみてください。

セミナービジネスは最短・最強の収入構築法(2:30)
↓   ↓    ↓    ↓

初心者の人こそ、セミナー講師をおすすめする理由(1:20)
↓   ↓    ↓    ↓

『WEB』×『リアル』のビジネスモデルが最強!(2:35)
↓   ↓    ↓    ↓

なぜ初心者、未経験者でもセミナー講師として活躍できるのか!?(1:18)
↓   ↓    ↓    ↓